感染症

急性ウイルス肝炎(A型、E型を除く)

きゅうせいういるすかんえん(えーがた、いーがたをのぞく)
Acute viral hepatitis (excluding Type A and E)

初診に適した診療科目:内科

分類:感染症 > 細菌・ウイルスなどによる感染症/肝臓・胆嚢・膵臓

広告

広告

 急性ウイルス肝炎のうち、B型・C型・D型肝炎は血液を介して感染する病気です。日本ではD型肝炎はほとんどみられません。

 感染のしかたには、初感染後の一過性感染と、ウイルスをもち続ける持続感染とがあります。

 一過性感染の場合は、急性肝炎を発症します。持続感染の場合は、ウイルスキャリアといいます。症状がなく肝障害もない場合を無症候性キャリアといい、肝障害が出ると慢性肝炎、肝硬変、肝がんになります。

 本項では、初感染後の急性肝炎について述べます。急性ウイルス性肝炎は、感染症法では4類感染症に分類され、発症7日以内に所轄保健所長に性、年齢を届け出ることになっています。

(長野赤十字病院院長 清澤研道)