生活習慣病の基礎知識

メタボリックシンドローム

分類:生活習慣病の基礎知識

広告

広告

 メタボリックシンドロームとは、食べすぎ、運動不足などの不健康な生活習慣を続けることで、腸のまわりに内臓脂肪が過剰に蓄積し、この内臓脂肪から悪玉生理活性物質(アディポサイトカイン)が多く分泌されたり、善玉の生理活性物質(アディポネクチン)が減少することにより、高血圧、脂質異常、高血糖が生じた状態をいいます。

 メタボリックシンドロームは、これまでの健診の考え方と根本的に異なります。これまでは、検査の数値の異常度で評価してきました。つまり中性脂肪は200㎎/dlより400㎎/dlのほうが重症という値の高低を問題としていました。メタボリックシンドロームでは、正常範囲(基準範囲)を超える項目がいくつ存在しているのかを問題とします。これまでは「軽度」(レベル1)の異常はいくつあっても、軽度の異常ということで重要視されていませんでした。しかし、それぞれが軽度の異常であっても3つ、たとえば腹囲、高血糖、高血圧と3つそろえば1+1+1となり、これが単独のレベル3の異常(重症)に匹敵することがわかってきたのです。

 肥満者が増加しています(図9)。

 美味しいものを食べ、動かずにテレビを見ながらごろごろしていたい。さらに自由時間も、趣味を楽しむ時間も減ってストレスが増える一方です。これらは複合的に影響して、内臓脂肪がたまって肥満となります。

 メタボリックシンドロームの該当者とは、内臓脂肪型肥満(腹囲が男性 85㎝以上、女性90㎝以上)に加え、高血糖、脂質異常、高血圧の3つのうち2つ以上を合併した状態で、予備群とは内臓脂肪型肥満に加えて3つのうち1つを合併した状態です(図10)。

 メタボリックシンドロームの該当者・予備群は複数のリスクが重なることにより、心筋梗塞や脳卒中を発症する可能性が非常に高くなるとされています。メタボリックシンドロームは、運動量の不足や過食をはじめとする好ましくない生活習慣に原因があると考えられています。運動量の増加と食事の改善により、内臓脂肪を減少させてメタボリックシンドロームを改善し、心筋梗塞や脳卒中のリスクを軽減することが期待できます。

①運動と食事改善の併用が効果的

 内臓脂肪蓄積の指標となる腹囲の1㎝減少は、約1㎏の体重(大部分が脂肪)の減少に相当します。体重を1㎏減少させるためには、運動によるエネルギー消費量の増加と食事改善によるエネルギー摂取量の減少を合わせて約7000kcalが必要です。たとえば1カ月かけて腹囲を1㎝減少させるためには、1日当たり約230kcalが必要となります。

 巷にはさまざまな食事療法が紹介されていますが、米国の調査では、厳しいやり方では、5〜6割程度の人しか1年間ダイエットを続けられませんでした。しかも血圧、血糖には効果がみられなかったという論文が発表されました。理論的な食事内容でも自分に合わないければ意味がなく、厳格な内容より、どれだけダイエットを続けられるかのほうが重要だという結論でした。

 一般に、運動のみで体重を減少させるのに比べ、食事改善と合わせて行ったほうが体重の減量がしやすく、内臓脂肪の減少量も大きくなります。そこで、運動に加えて「食事バランスガイド」など(図11)を参考に食事の改善を行うことにより、内臓脂肪の減少量を大きくすることが可能となります。

②内臓脂肪減少のために必要な運動量

 内臓脂肪を確実に減少させるためには、現行の運動量に加えて、週に10エクササイズ程度かそれ以上の運動量が必要と考えられます(図13)。30分間の速歩を週5回行うと10エクササイズの運動量に相当します。食事摂取量を変えないまま週10エクササイズ程度の運動量を増加させることにより、1カ月で1〜2%近くの内臓脂肪が減少することが期待されます。

(東京慈恵会医科大学総合健診・予防医学センター教授 和田高士)

図11 食事バランスガイド──あなたの食事は大丈夫? 図11 食事バランスガイド──あなたの食事は大丈夫?

図13 1エクササイズに相当する活発な身体活動 図13 1エクササイズに相当する活発な身体活動

図9 10年ごとにみる肥満者の推移(年齢別) 図9 10年ごとにみる肥満者の推移(年齢別)

図10 メタボリックシンドロームの診断 図10 メタボリックシンドロームの診断