皮膚の病気

ガングリオン

がんぐりおん
Ganglion

初診に適した診療科目:整形外科 皮膚科 皮膚泌尿器科

分類:皮膚の病気 > 皮膚の良性腫瘍

広告

広告

どんな病気か

 皮膚よりも深いところから発生したゼリー状の内容物が入った袋で、腱鞘(腱を包むさや)や関節包(関節を包む袋)と連続あるいは近接しています。

 関節包や腱鞘の変性により発生します。

症状の現れ方

 関節の周辺に、米粒大からピンポン玉くらいまでの隆起したしこりができます。通常、皮膚の表面には変化はなく、しこりは皮膚の下に触れます(図89)。手首にできることが多く、不快感がありますが、多くの場合痛みはありません。ただし、神経が圧迫されると痛みが出ることもあります。

検査と診断

 針を刺して内容を吸引し、内容物が黄色のゼリー状であれば診断できます。

治療の方法

 診断がつけば、放置しておいて差し支えありません。大きくなるもの、痛みが強いもの、神経の圧迫による症状が出るものには治療を行います。

 治療法は、注射器で内容物を吸引後、皮膚の上から圧迫します。繰り返し内容物がたまる場合には手術で摘出することもあります。

病気に気づいたらどうする

 皮膚科または整形外科専門医を受診して診断を確定したうえで、治療法を相談してください。

(群馬大学大学院医学系研究科皮膚科学准教授 田村敦志)

図89 ガングリオン 図89 ガングリオン