代謝異常で起こる病気

細小血管障害

さいしょうけっかんしょうがい
Small vessel disease

分類:代謝異常で起こる病気 > 糖代謝の異常(糖尿病)

広告

広告

 糖尿病の3大合併症として、細小血管障害の糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害があります。

 網膜症を発症する率は、糖尿病の罹病期間が長くなるにつれて高くなり、罹病期間が20年を超えると80%以上になります。網膜症が重症化し視力障害を来す例は最近では年間4000人とされ、成人の中途失明の原因の第2位です。

 糖尿病腎症は、罹病後10年くらいを経て発症してきます。その病期は5期に分けられています。当初は、高血糖のためむしろ糸球体濾過量は高く、そのうち尿中に微量なアルブミン(蛋白の一種)が排泄されるようになり、次第に蛋白尿となります。その後、糸球体濾過量が低下し、血清クレアチニンの濃度が上昇し、最終的には腎不全に至り、血液の透析をしないと生きていけない状態になります。現在、年間3万6000人が新たに血液透析が必要になっていますが、糖尿病腎症がその原因の43・6%を占め、1998年以来原因疾患の第1位です。

 糖尿病神経障害は、罹病後5〜10年で発症してきます。罹病期間が長くなるにつれて有病率が高くなります。

(埼玉医科大学内分泌・糖尿病内科学教授・病院長 片山茂裕)