口・あごの病気

エナメル上皮腫

えなめるじょうひしゅ
Ameloblastoma

分類:口・あごの病気 > あごの病気

広告

広告

どんな病気か

 顎骨内に発生する良性の歯原性腫瘍です。口腔腫瘍の約10%を占め、歯原性腫瘍のなかでは最も頻度が高い腫瘍です。性差はなく、20〜30歳代で診断されることが多く、下顎骨の大臼歯部から下顎枝部に好発します(図21)。

 原因は不明です。

症状の現れ方

 初期には無症状ですが、増大すると顎骨の膨隆を来します。腫瘍が増大して顎骨の吸収が進むと、羊皮紙様感(ペコペコした感じ)や波動(波のような動き)を触れます。また、歯の傾斜、転位、埋伏が認められます。

検査と診断

 診断はX線、CTなどの画像診断と、生検(病変の一部を採取して顕微鏡で調べること)により確定されます。X線では境界がはっきりした単房性、多房性ならびに蜂の巣状の透過像がみられます。鑑別すべき疾患は、顎骨内に生じるその他の良性腫瘍や嚢胞で、画像診断と生検により鑑別されます。

治療の方法

 単房性のものは、患部の摘出に加えて周囲の骨を取り除きます。小児では開窓療法(窓を開けて減圧する)を行い、腫瘍が小さくなってから摘出を行います。多房性のものでは、顎骨切除(上顎:上顎部分切除、上顎全摘出、下顎:下顎骨辺縁切除、下顎骨区域切除、下顎骨半側切除)を行います。

 エナメル上皮腫は、良性とはいえ局所浸潤性に増殖するため、時に再発します。繰り返し再発することによって転移したり、悪性化することもあると指摘されています。

病気に気づいたらどうする

 顎骨の無痛性の腫脹や膨隆など、疑わしい病変に気づいたら、ただちに口腔外科などの専門医を受診して、精密検査、治療を受ける必要があります。

(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科顎口腔外科学教授 小村 健)

図21 下顎エナメル上皮腫(X線像) 図21 下顎エナメル上皮腫(X線像)