眼の病気

動眼神経麻痺

どうがんしんけいまひ
Oculomotor nerve palsy    

分類:眼の病気 > 瞳孔の異常

広告

広告

どんな病気か

 動眼神経内を走行する副交感神経が障害されると、瞳孔不同が起こります(患眼が散瞳)。

原因は何か

 出血、梗塞、血流障害、外傷や腫瘍などさまざまな原因で起こりますが、脳動脈瘤(内頸動脈・後交通動脈部動脈瘤)による圧迫がとくに重要です。

症状の現れ方

 瞳孔不同(瞳孔散大)以外に、眼瞼下垂、眼球運動障害による麻痺性斜視、両眼性複視(だぶって見える)を伴います(図61)。とくに頭痛を伴う場合は脳動脈瘤が原因である可能性が高く、破裂すると、致命的なくも膜下出血に至る危険がありますので、緊急に脳外科での検査と処置が必要です(未破裂脳動脈瘤)。

(大阪赤十字病院眼科副部長 田口 朗)

図61 動眼神経麻痺(左眼) 図61 動眼神経麻痺(左眼)