眼の病気

急性結膜炎

きゅうせいけつまくえん
Acute conjunctivitis

初診に適した診療科目:眼科

分類:眼の病気 > 結膜の病気

広告

広告

どんな病気か

 急に眼球の結膜(白眼)が発赤(充血)し、目やに(眼脂)が出てくる病気です。

原因は何か

 非常に多くの原因が急性結膜炎を起こします。大きく分けて、感染性とアレルギー性のものがあります。感染性のものはウイルス性と細菌性に分かれます。

症状の現れ方

 急に片眼または両眼に結膜の充血が起こり、眼脂が出ます。結膜の浮腫(水ぶくれ。一見ゼリー状に見える)が起こることもあります。異物感(ころころ感)、掻痒感(かゆみ)、羞明(光が異常にまぶしい)、熱感、重症では眼痛などを伴うこともあります。

 眼脂のため、視力低下が起こることもあります。まぶたの裏(眼瞼結膜)も充血し、ぶつぶつができます(濾胞)。まぶたも充血、腫脹することもあります(図12)。結膜のみならず、角膜にも障害が及ぶこともあります(角結膜炎)。また、原因によっては眼以外の症状として、耳の手前にあるリンパ節がぐりぐりとはれ、押さえると痛むことがあります。

検査と診断

 非常に多くの原因があるので、それぞれ注意深く診断していく必要があります。とくに、感染性とアレルギー性の区別は重要です。アレルギー性は掻痒感があります。ウイルス性では耳の手前のリンパ節がはれ、痛みを伴います。

 検査として、眼脂のなかの細菌培養や、結膜からこすりとった細胞のサンプルや、眼脂構成成分の白血球の顕微鏡検査などを行い、原因を特定します(コラム・目やに)。また、血液検査で各種ウイルスの抗体価を調べたり、アレルギーの指標である抗体価(IgE)を調べたりします。最近涙液中のIgE量が簡便に検査できるようになりました。ただし、何に対するアレルギーか(抗原の種類)は特定できません。

治療の方法

 細菌性では抗菌薬の点眼、重症例では全身投与をします。細菌により効果のある薬の種類が異なりますし、これまでは効果があった薬が効かなくなる場合(耐性菌)もあり、薬の選択には注意が必要です。一般には多くの菌に有効な抗生剤が使用されます。

 ウイルス性では、残念ながらウイルスを直接死滅させる薬剤はないので、細菌による混合感染を防ぐために、抗生剤の点眼や、炎症を抑えるためのステロイド薬の点眼をします。

 アレルギー性では、症状が強ければステロイド薬の点眼を、弱ければ非ステロイド性の抗アレルギー薬や消炎薬、消炎酵素薬の点眼を行います。ステロイド薬は効果に優れますが、反面、副作用(緑内障など)に注意が必要です。

病気に気づいたらどうする

 早めに専門医の診察を受けてください。

(大阪市立総合医療センター眼科部長 森 秀夫)

目やに(眼脂)

 結膜炎の眼脂には、さらっとした水のような(漿液性)眼脂、ねっとりとした(粘液性)眼脂、クリーム状(膿性)眼脂などの種類があります。

 漿液性眼脂はウイルス性結膜炎で多く、粘液性眼脂はアレルギー性で多く、膿性は細菌感染で多いといえます。ちなみに膿性眼脂がどんどん出るような状態を膿漏眼と呼びます。

 しかし、これらはあくまで傾向であり、眼脂の性状だけで結膜炎の原因を特定できるわけではありません。眼脂を顕微鏡で調べ、含まれる白血球細胞の種類を特定できれば、結膜炎の原因をある程度特定できます。たとえば、単核球が多ければウイルス性、多核白血球が多ければ細菌性、好酸球が多ければアレルギー性などと診断します。

 眼脂が出ていると、ネバネバして不快ですし、物が見にくくなりますから、水で濡らしたティッシュペーパーやコットンで軽くふき取るようにします。そのあとは、石鹸でしっかり手を洗い、清潔を心がけましょう。

(大阪市立総合医療センター眼科部長 森 秀夫)

図12 急性結膜炎 図12 急性結膜炎