子どもの病気

突発性発疹症

とっぱつせいほっしんしょう
Exanthem subitum (Roseola infantum)

初診に適した診療科目:小児科

分類:子どもの病気 > 感染症

広告

広告

どんな病気か

 乳児期後半に多発する急性ウイルス性疾患で、3〜4日間の発熱のあと、解熱とともに麻疹や風疹のような発疹が現れる病気です。

原因は何か

 ヒトヘルペスウイルス6(HHV6)という水痘と同じグループのウイルスが原因です。季節的流行はなく、生後6カ月から1歳までに発症のピークがみられます。感染経路はHHV6抗体陽性の成人(おそらく母親と父親)の唾液中のウイルスによる水平感染が考えられています。潜伏期は約10日です。

症状の現れ方

 図48に臨床経過を示します。突然、39・0℃以上の高熱が出て3〜4日前後持続し、解熱とともに発疹(麻疹様、風疹様)が顔面、胴体を中心に現れます。発疹は四肢末梢に広がり、1〜2日で消えます。熱のある時期には下痢、咳、眼瞼(まぶた)が浮腫状(むくんだよう)になることなどもあります。高い熱のわりに、患児の機嫌はそれほど悪くならないことも特徴です。発熱期に大泉門膨隆やけいれんを生じることもあります。

検査と診断

 診断に検査を必要とすることはありません。好発月齢(生後6カ月前後)、高熱のわりに機嫌のよいこと、発熱と発疹の関係、浮腫状の眼瞼などが診断の手がかりになります。

治療の方法

 HHV6の特効薬はなく、対症療法だけになります。

病気に気づいたらどうする

 生後初めての高熱のため、母親の驚き、心配は大きいようですが、予後の悪い病気ではないので、それほど心配はありません。水分補給は大切です。

(藤田保健衛生大学小児科学教授 浅野喜造)

図48 突発性発疹症の臨床経過 図48 突発性発疹症の臨床経過