外傷

高気圧酸素療法

分類:外傷

広告

広告

 高気圧酸素療法は、高い環境気圧下で酸素加を行う(血液中に溶解する酸素量を増やす)治療法です。①溶解型酸素増量による酸素加、②不活性ガスの洗い出し、③体内ガスの圧縮、④細菌に対する酸素毒性(殺菌作用)などの効果を利用して、組み合わせています。表9に示すような適応疾患があります。

 高気圧酸素治療装置には、1人用の装置と多人数用の装置があります。患者さんにそのなかに入ってもらい、高濃度の酸素を吸入してもらいます。

(大阪府立急性期・総合医療センター副院長 吉岡敏治)

表9 高気圧酸素療法の効果と適応疾患 表9 高気圧酸素療法の効果と適応疾患