外傷

胸腔ドレナージ

分類:外傷

広告

広告

 気胸、開放性気胸、緊張性気胸、血胸、血気胸などの際に行われる治療法です。胸腔内に胸腔ドレーンと呼ばれるチューブを挿入して、胸腔内に溜まった空気や血液を体外へ排出することで、虚脱(収縮)した肺を再び膨張させ、呼吸障害を軽くすることができます(図39)。

 チューブは通常、第5〜6肋間の前〜中腋下線から挿入します。胸腔内は、常に陰圧(外界よりも低い)を保っていなければ呼吸障害が現れるので、チューブの端は接続管をへて低圧持続吸引器に接続し、マイナス5〜20㎝H2Oの陰圧で吸引します。

 チューブを挿入したら、空気漏出と血液流出の状態を経時的にチェックし、胸部X線撮影で胸腔内の変化を観察します。その結果、必要があれば、緊急開胸手術を行います。

(日本医科大学千葉北総病院救命救急センター長・教授 益子邦洋)

図39 胸腔ドレナージ 図39 胸腔ドレナージ