外傷

緊張性気胸

分類:外傷

広告

広告

 気胸のうち、空気が流入する損傷部が一方向に弁状となっている場合には、吸気によって胸腔内へたまった空気を呼気時に体外へ排出できず、そのため呼吸運動をするたびに胸腔内に空気がたまっていきます。

 胸腔内圧は極度に上昇して、肺は高度に虚脱(収縮)し、縦隔は反対側へかたより、患側の横隔膜は下降して重い呼吸循環不全を示すようになります。この状態を緊張性気胸と呼びます(図36‐C)。

 緊張性気胸の症状は、高度の呼吸困難、患側胸郭の著しい膨隆、皮下気腫、チアノーゼ、頻脈などです。

 緊張性気胸は、生命に関わる極めて重篤な状態で、一般の人ができる応急処置はないので、迅速に救急車を呼び、しかるべき医療機関に搬送してもらわなければなりません。

(日本医科大学千葉北総病院救命救急センター長・教授 益子邦洋)

図36 外傷性気胸 図36 外傷性気胸