皮膚の病気

ヘルペスウイルス群

分類:皮膚の病気

広告

広告

 遺伝情報として2重鎖のDNAをもち、正24面体のカプシド(ピラミッド型の中心構造)エンベロープをもつウイルスをヘルペスウイルスと呼びます。ヒトに感染して病気を起こすものをヒトヘルペスウイルス(HHV)といい、現在までに8種類が知られています(表5)。

 免疫のない人に初感染したのち、生体内に潜伏感染し、再活性化するという特徴をもちます。ウイルスによって再活性化の頻度や誘因などに違いがあります。

 単純ヘルペスウイルスやHHV‐7などは、健常時にも頻回にウイルスの排泄がみられますが、水痘・帯状疱疹ウイルスやサイトメガロウイルスなどは、免疫が低下した状態などの特別な場合にのみ再活性化が起こります。

(久留米大学医学部皮膚科学准教授 安元慎一郎)

表5 ヒトヘルペスウイルス 表5 ヒトヘルペスウイルス