代謝異常で起こる病気

腎性糖尿

分類:代謝異常で起こる病気

広告

広告

 糖尿病は英語ではdiabetes mellitusといい、「甘い尿」という意味です。したがって、尿に糖が出る病気ということになります。しかしながら、尿に糖が出ても、糖尿病でない場合もあります。

 一般的には、血糖値が180㎎/dlを超えていると、尿に糖が排泄されます。この値を境目の値ということで、閾値といいます。この閾値が生まれつき低い人がいます。こういう人では、食後にわずかに血糖値が上がって130とか140㎎/dlになっただけでも、尿に糖が排泄されます。

 腎臓の閾値の異常のために尿に糖が出るということで、「腎性糖尿」と呼ばれます。しかしながら、この場合には、糖尿病の患者さんのような高血糖はなく、糖尿病ではありません。妊娠中にも、女性ホルモンなどの影響で閾値が低下し、血糖値がそんなに高くなくても、尿に糖が出ることが知られています。

(埼玉医科大学内分泌・糖尿病内科学教授・病院長 片山茂裕)