内分泌系とビタミンの病気

甲状腺の位置

分類:内分泌系とビタミンの病気

広告

広告

 甲状腺という名前は、西洋の盾のような形をしていることに由来しています。ちょうど蝶が羽を広げたような形をしていて、蝶の羽にあたる部分は右葉と左葉と呼ばれ、胴体にあたる部分は峡部と呼ばれます(図1)。

 峡部は靭帯で気管の前面に固定されていて、左葉と右葉が気管を取り囲んでいます。甲状腺は首の前にありますが、男性と女性では位置が違い、男性のほうが女性より低い位置にあります。

 男性の半数くらいでは、甲状腺の位置が低く胸骨の下に入ってしまっていて、首に触っただけではわかりません。その時は嚥下運動をしてもらうと、気管といっしょに甲状腺が上がるので指で甲状腺を触れるようになり、甲状腺腫が見つかることがあります。

 医師が首の診察をしている時に、患者さんにつばを飲んでくださいとお願いすることがありますが、それにはこのようなわけがあるのです。ちなみに、正常な大きさの甲状腺は外からは触れませんし、見えることもありません。

(医療法人社団白寿会田名病院理事長・院長 阿部好文)

図1 甲状腺の位置 図1 甲状腺の位置