脳・神経・筋の病気

脳脊髄液(髄液)の検査

分類:脳・神経・筋の病気

広告

広告

 脳、脊髄に何らかの障害が生じた場合には、直接的あるいは間接的に髄液所見に反映される可能性が大きく、髄液の異常は髄膜炎・脳炎の診断および鑑別(見分け)に役立ちます。

 一般に腰椎穿刺(針を刺す)により行われます。患者さんを側臥位とし、両手で膝を胸に抱え込むような体位をとってもらいます。穿刺部位は左右の腸骨綾上縁を結ぶ線(ヤコビー線)と脊柱が交差する点を目標にし、通常、第3〜4腰椎間または第4〜5腰椎間で行います(図17)。介助の際は前記の姿勢をきちんととることが重要です。皮膚消毒と局所麻酔後、棘間靭帯、硬膜、くも膜下腔へと針を入れていきます。一般検査として外観の観察、初圧および終圧、細胞数、蛋白、糖(同時血糖値も)の測定を行い、疑われる疾患に応じて種々の検査を追加します。

(国際医療福祉大学福岡リハビリテーション学部教授 庄司紘史)

図17 髄液検査(腰椎穿刺) 図17 髄液検査(腰椎穿刺)