脳・神経・筋の病気

脳卒中の局所症状

分類:脳・神経・筋の病気

広告

広告

 脳はその部位によってすべて、受けもっている機能が異なります。この点が同じくらいの重さ(1400g くらい)の臓器である肝臓などと大きく違う点です。さらに2本の内頸動脈と2本の椎骨動脈を通して心臓から血液が脳に供給され、枝分かれした細い血管で、脳のすみずみにまで酸素やブドウ糖などの栄養物が送られています。

 脳はほかの臓器よりもたくさんの酸素や栄養物を必要としています。逆にいえば血液が少しでも来なくなる状態に弱いのです。したがって脳血流が低下したり、脳のなかに出血が起こって組織がこわれたり、また血の塊によって周囲の組織まで圧迫されたりすると、その影響を受けて機能が損なわれます。

 脳は図2のように各部位によってその機能が異なるので、梗塞や出血ができるとその部位の機能障害に応じたいろいろな症状が現れるのです。

 たとえば左側の脳にある言語中枢が侵されると言葉が出なくなり(失語)、運動のセンターが侵されると反対側の手足や反対側の顔面の麻痺(片麻痺)が生じます。また、たとえば右の脳の後ろのほうに脳梗塞ができると、左右の眼の左半分だけが見えなくなる同名性半盲という症状が出たりします。

 これらはほんの一例ですが、脳のある部位の障害を思わせる症状を脳の局所症状あるいは巣症状といいます。

(国家公務員共済組合連合会立川病院院長 篠原幸人)

図2 脳の機能は部位によって異なる 図2 脳の機能は部位によって異なる