呼吸器の病気

続発性気胸

分類:呼吸器の病気

広告

広告

 肺気腫、気管支喘息、肺線維症(図44)、肺結核、肺化膿症、肺好酸球性肉芽腫などの肺疾患に続発して起こる気胸をいいます。これら基礎疾患はブレブができやすく、また肺結核や肺化膿症では空洞が直接破裂することによって気胸が起こります。

 好発年齢は、基礎疾患の関係上、50歳以上の高齢者に多く、体型による特徴は認められません。

 症状や診断、治療方法は、自然気胸と変わりはありません。しかし、肺気腫や肺線維症の患者さんが気胸を起こすと、時に死に至ることもあるので、早期の受診が必要です。

(川崎医科大学附属川崎病院副院長・呼吸器病センター長 沖本二郎)

図44 肺繊維症に伴う気胸(緊張性気胸) 図44 肺繊維症に伴う気胸(緊張性気胸)